仕事に楽しさを求めない方がいい理由【遊びが仕事というクソ洗脳】

この記事は以下に当てはまる人にオススメです。

  • 好きなことで生きていきたい
  • ホリエモンの本に感銘を受けている
  • 「遊びが仕事」でありたい
  • 今の仕事に楽しさを感じない
  • 楽しい仕事をしたい
  • 楽しく稼ぎたい
  • 楽しいビジネスをしたい
  • 稼いで成功したい
  • 今よりもっといい仕事を探している
  • 憧れのメンターみたいな生き方をしたい
  • インフルエンサーの生き方に憧れている
  • ユーチューバーになりたい
  • 発信を仕事にしたい
  • 自分に合った副業を探している
  • もっと簡単に稼げる方法がないかと探している

本記事の内容

  • 好きを仕事にするのは難しい(需要と供給の話)
  • 「遊びを仕事に」信者は不幸になる
  • 稼ぐことと楽しむことは別物
  • 楽しさは結果的に感じるもの

今回は仕事に楽しさを求めない方がいい理由について話します。

「好きを仕事に」

「遊びが仕事」

といった発言をする人が増えてきました。

ホリエモンを始めとする有名インフルエンサーや

ユーチューバー、ブロガー、ネットワークビジネス関係者など

あらゆる人がこの価値観を提唱し広めています。

 

この考え方は先進的で非常のポジティブにさせてくれる価値観ですが、

 

綺麗事抜きに論理を話す僕としては

異論を唱えさせていただきます。

 

というのも、この手の話はお金を搾取する手段としてはとても都合がいいんですね。

なので「遊びが仕事」信者は目を覚ましてしっかり稼ぎましょう。

 

なぜ僕がそう言い切れるのかについてはこれから解説していきます。

 

好きを仕事にするのは難しい(需要と供給の話)

本記事では「好きを仕事に」と「遊びが仕事」を同義として捉えることにします。

まず現実的に考えて、好きを仕事にするのは難しいです。

なぜなら好きなことが需要とマッチしていて、かつ供給過多になっていないのが前提だから。

 

あなたの好きなことはおそらく他の人も好きでしょう。

他の人が既にその好きな分野で成功しポジションを取っていたら、後追いをしても稼げません。

 

例えばあなたがラーメン好きだとして、ラーメン評論家になろうと思っても

既にラーメンを1日3食で365日も続けている人がわんさかいます。

先駆者がいるのであなたが彼ら(彼女ら)の真似をしたところで二番煎じにしかなりません。

この時点で供給過多になります(もちろんどこかで差別化できるのであれば別ですが)。

 

また、YouTubeでエンタメ動画を作りたいと思っても

既にヒカキンさん、はじめしゃちょーさん、ヒカルさんといった強力なライバルがいます。

ヒカルさんのこの動画よりも面白い企画を作れる自信はありますか?

 

当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します

 

途中、怖い人も出て口論になりましたがそれでも強気のヒカルさんはメンタル強すぎです。。。

 

話を戻しますがこういった強力なライバルよりも面白いエンタメ動画を作るのは

かなり自信のある人じゃないとまず無理です。

 

また、需要について考えるのも大事で、

自分の好きなことがマイナースポーツである「セパタクロー(足のバレーボール)」だとしたら

日本の競技人口が2000人しかいないので日本語でセパタクローについて発信しても

需要がほとんどないので見てくれる人はごくわずかです。

 

つまり、ライバルが多い(レッドオーシャン、供給過多)だったり

需要がほとんどなかったりすると好きなことを仕事に生きられないわけです。

 

「遊びを仕事に」信者は不幸になる

「遊びを仕事に」信者でいると必然的に不幸になります。

なぜなら現実とのギャップに苦しむから。

  • 「仕事は楽しいものでなくてはいけない」
  • 「この仕事は果たして楽しいだろうか」
  • 「もっと他に楽しい仕事はないのだろうか」

このように仕事に対して楽しいかどうかを求めると

どれも大変で楽しくなくて、仕事が嫌になり現実逃避します。

 

楽しい仕事だと思って始めてみたら地道な作業が多かったり

覚えることが山ほどあったり頭を使わないといけなかったりと

どこかでショックを受けます。

すると

「これも楽しくない、あれも楽しくない・・・」と何も続きません。

こうやってつまみ食いして次から次へと流れていってくれることで

インフルエンサーたちはお客さんからお金を搾取しまくれるのです。

 

お客さんは「遊びを仕事」にするために

  1. 仮想通貨投資で挫折して
  2. アフィリエイトを始めて挫折して
  3. YouTubeマーケティングに挫折して
  4. Twitterマーケティングにも挫折して
  5. さらにインフルエンサーの本や電子書籍をひたすら購入して・・・

とお金をどんどん搾り取られるのです。

お金ばかり使う上に何ひとつ成功体験がなく、楽しい仕事も見つからないという現実逃避で

ネガティブのループに入ってしまいます。

 

バカな人は常にやった気で満足するのでネガティブにならないでしょうけど笑

このように「遊びを仕事に」信者は現実と理想のギャップに苦しんでいくのです。

このギャップによる不幸感でさらに救いの手段を求めてさまよっていきます。

 

稼ぐことと楽しむことは別物

本来仕事というのは楽しいものではなく、

みんながやりたくないことをやった「我慢料」として給料がもらえるのです。

だから辛いバイトほど高時給なんですよね。

 

個人で稼ぐという意味での仕事も、顧客への価値提供であって楽しむのが目的ではありません。

楽しむという自己満ばかりで適切な価値提供ができていなければお金も生み出しません。

 

例えば、僕はブログで読者の悩みを解決する有益な記事を書くようにしています。

これは有益な情報という価値を提供していることになりますね。

 

もしも僕がブログに

「今日はスタバで◯◯フラペチーノを飲んだよ♪( ´▽`)美味しかったなああぁ(〃ω〃)」

なんて日記を書いたところで誰が読みますか?

「スタバのフラペチーノおすすめ◯選!」

ならまだ分かりますが、有名人でもない26歳男の日記なんて誰も興味ないのですよ笑

 

どんな記事だったら読者に役立つのか、どうしたら読みやすくなるのかなどを考えないといけません。

分かる人には分かりますが

  • サーバーやドメインの設定
  • ポジショニング
  • 競合分析
  • ペルソナ設定
  • キーワード選定
  • 記事ネタ探し
  • 記事構成
  • ライティング
  • SEO対策
  • WordPressのプラグイン
  • サーチコンソールやアナリティクスといったツールを扱う

など思った以上にやらないといけないことや必要な知識が多いので楽しいとは言えません。

面倒くさすぎです笑

 

YouTubeだって単にダラダラしゃべっているだけの動画は自己満で楽しいのかもしれませんが

それだと誰も視聴しませんよね。

ユーザーが快適に見られるように内容と構成を考えたり、テンポよく話したり、編集を入れるのです。

10分の動画で編集作業に1時間以上かかることだってありますから。

これらの作業は誰だって煩わしく思います。

 

そう考えると仕事というのは我慢料をもらうことであり、価値提供が目的なので

そもそも楽しむとか遊ぶという目的とは相反するのです。

 

仕事が楽しいものだという考えを持つとどんな仕事をしても絶望しますし

楽しい仕事なんてそもそもないので諦めの気持ちで仕事をした方が気が楽ですよ。

あの宮崎駿さんだってクリエイターの仕事を面倒くさがっていますから笑

(以下のツイート内の画像4つとも全て「面倒臭い」と言ってます)

あわせて読みたい

【根性論嫌いで超合理的な僕が語る】ラクをするのは諦めるべき理由

 

楽しさは結果的に感じるもの

仕事に楽しさを求めてはいけないという話をしましたが、それに対して

「いや、実際に仕事を楽しんでいる人がいるよ!」

という声もあるかもしれません。

 

おっしゃる通りです。確かに楽しんでいる人も実際にいます。

しかし楽しんでいる人はその仕事を始めた当初からずっと楽しかったでしょうか?

おそらく様々な苦難があったことでしょう。

要領が悪くてなかなかコツを掴めなかったり、頑張ってるのに結果を出せなかったり、

一緒に頑張っている人に裏切られたり、風評被害に遭ったり・・・

 

こういったことを一切経験せず全て順風満帆に楽しく成功しているはずがありません。

楽しんでいる人に話を聞いてみると必ず苦労話が出てきます。

そういった苦労を乗り越えてうまくいくようになってから結果として楽しくなるのです。

つまり、楽しさは結果的に感じるものになります。

 

最初から楽しさを求めていたらブログを100記事書いても時給にして数円だったり

YouTubeを5時間かけて仕上げたのに一日の視聴回数10未満が続くことは苦痛でしかないでしょう。

ゲーム開発やアプリ開発だって流行ったものは氷山の一角でその背景には

世間に知られることもない数々の赤字作品が存在しているのです。

 

ネットワークビジネス(マルチ商法)だって楽しそうだから入るという人はすぐ辞めます。

あれはビジネスサークルではなく、いかに多く勧誘し継続購入してもらうかの作業ですから。

 

こういった壁から逃げずに立ち向かい続けたことで成長して楽しさを感じたり

誰よりも結果を出して楽しさを感じるものなので始めから楽しい仕事なんて存在しません。

たとえ始めから楽しい仕事があっても人間はすぐにマンネリ化し退屈します。

 

仕事が楽しいというのは結果論でしかないので、面倒で苦痛なのは受け入れてとにかくやりましょう。

それで成長すれば励みになりますし結果が出れば自然と楽しさとやりがいを感じます。

 

僕は営業という仕事が嫌いですが、社内で一番結果を出していたときは楽しかったです。

とはいえ営業は個人的に将来性が低いと思っているので今は既に辞めています。

 

「好きを仕事に」とか「遊びを仕事に」とは言わず、

将来性のある仕事を選んで、つまらなくてもしっかり続けていって稼げるようになれば

自然とその仕事が好きになり楽しさを感じるはずです。

 

そうやって将来性のある仕事を結果的に楽しく感じるようになって生きる方が合理的ですよね。

そのうち本当にやりたいことができたら、稼ぎの基盤ができているので挑戦するハードルも下がります。

 

まとめ

  • 好きを仕事にするのは難しい(需要と供給の話)
  • 「遊びを仕事に」信者は不幸になる
  • 稼ぐことと楽しむことは別物
  • 楽しさは結果的に感じるもの

今回は仕事に楽しさを求めない方がいい理由について話しました。

仕事に楽しさを求めてさまよう負のループで不幸になるという皮肉は避けて

仕事は仕事と割り切って稼げる仕事をやり、結果的に楽しさを感じましょう。

 

楽しい仕事なんて存在しませんし、仕事は遊びではなく仕事です。

仕事である以上は価値提供しないと仕事として成り立ちませんから。

あわせて読みたい

好きを仕事に成功したい人が覚悟すべき3つの心構え【現実を知ろう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です