笑顔を作る人に気をつけた方がいい理由【作られた笑顔にある目的】

この記事は以下に当てはまる人にオススメです。

  • ニコニコしている人に気持ち悪さを感じたことがある
  • 学校や職場の写真撮影でいかにも皆で作り笑いしている感が無理
  • 自己啓発セミナーにいる人たちの雰囲気が苦手
  • マルチ商法をやってる人の笑顔が胡散臭く感じる
  • 宗教勧誘している人の笑顔が気持ち悪い
  • 詐欺師は「会ってみたら良い人」と聞いたことがある
  • 悪い大人に騙されたくない
  • 面倒なことに絡まれたくない

本記事の内容

  • 笑顔を振りまく人たちから漂う気持ち悪さ
  • 笑顔をわざわざ作るのは裏の目的があるから
  • 笑顔で接触するのは有効な手段
  • そっけない人の方が実は安全である
  • 笑顔は作るものではなく自然とできるものである

今回は笑顔を作る人に気をつけた方がいい理由について話します。

 

自己啓発の影響なのか分かりませんが、

とにかく笑顔でいるべきだという風潮があります。

 

接客で必要以上に笑顔作りを強制されたり、

集団で仲良しごっこするために笑顔を作ったり、

何かの勧誘をするときに笑顔を作ったり、

求人広告に載せる写真のために社員みんなの作り笑顔を撮影したり。

 

なんだか自然な笑顔というよりも「作られた笑顔」が蔓延している気がしませんか?

本記事ではこの「作られた笑顔」の気持ち悪さとその目的などについて解説していきます。

 

笑顔を振りまく人たちから漂う気持ち悪さ

冒頭でも話しましたが、世の中には「作られた笑顔」が溢れかえっています。

その笑顔は自然と出てくるものではなく不自然な気持ち悪さがあります。

特に胡散臭い人ほど意図的に笑顔を作る傾向にあるのです。

分かりやすい例を挙げると、

  • 自己啓発セミナーにいる人たち
  • マルチ商法のパーティや説明会にいる人たち
  • スピリチュアルやオーガニックといったキラキラした主婦コミュニティ
  • 宗教勧誘をする人たち
  • 怪しい投資話に関わっている人たち
  • 詐欺まがいなコンサルを販売している人たち
  • コーチング・カウンセリング・講演などの関係者たち

あたりが顕著ではないでしょうか。

こういった人たちは普通の人よりも不自然なぐらいにニコニコしていませんか?笑

聖書を持って笑顔で立っている宗教勧誘者には親しみどころか不気味さを感じますよね。

 

ここまでひどいレベルの「作られた笑顔」でなくても、

冒頭で話したように接客業で必要以上に笑顔を作らされたり

楽しい職場を演出するために作り笑顔の写真を撮ったりするので

笑顔が見世物として振りまかれる世の中となっています。

 

 

笑顔をわざわざ作るのは裏の目的があるから

嬉しくもないのにわざわざ笑顔を作るのは結構ストレスです。

ましてや誰にでも笑顔を振りまくなんて超絶疲れませんか?

なぜそこまでして笑顔を作る人たちが多いのでしょうか。

 

理由はとてもシンプルです。それは裏の目的があるから。

いくつか例を挙げると、

 

自己啓発セミナーにいる人たちが笑顔

→仲間意識を持たせて辞めづらくさせる目的

 

マルチ商法のパーティや説明会にいる人たちが笑顔

→同上。楽しそうと思わせて入会してもらう目的

 

宗教勧誘者が笑顔

→「いい人そう」、「幸せそう」と錯覚させて引き込む目的

 

コーチ・カウンセラー・講演家が笑顔

→「この人についていきたい」と夢中にさせる目的

 

求人広告用に社員の作り笑顔を撮影

→「楽しそうな会社」、「社員がいい人そう」と錯覚させて採用する目的

 

ナンパ師が笑顔

→怖い不審者と思われないように女性を安心させる目的

 

キャバ嬢が笑顔

→男性客に気に入られてリピーターになってもらう目的

 

といった感じでしょうか。

ほとんどの目的は突き詰めれば「お金」か「性欲」にたどり着きます。

 

やはり笑顔を作る人たちには要注意ですね。

本来は人間なんだから愚痴や不満が出て当たり前。

それでも頑なにその感情を隠して笑顔や綺麗事を見せ続けるのは思惑があってのことです。

 

あなたは家族や友達の前でわざわざ笑顔を「作って」話しますか?

よほど八方美人でもない限りはそんなことしませんよね。

このように、笑顔を作るというのは目的がなければ普通はしません。

嬉しくもないのに無理やり笑顔になるなんてストレスですから。

 

笑顔で接触するのは有効な手段

「作られた笑顔」を気持ち悪いとディスりまくりましたが、

実は笑顔で接触するのは目的を達成させる上では有効な手段と言えます。

なぜなら「私は敵ではないですよ」アピールができるから。

 

人間は知らない人を見ると防衛本能が出てきて警戒するもの。

相手がどんな人か分からないので当然ですよね。危ない人かもしれないし。

そこで相手が笑顔になることで敵意がないことが分かり、

「いい人かも」と安心して距離を縮めやすくなるのです。

人間が他の人間と協力して社会生活を送るためにも笑顔は重要なツールなのでしょう。

 

しかし、こうした笑顔はいくらでも悪用できてしまいます。

自己啓発セミナーやマルチにいる人たちを見たら分かりますが、

笑顔を見て安心感を抱きながら集まってくる人はほとんどが気の弱い人です。

気の弱い人は敵を作るのが怖いので仲良くなると断れなくなってしまいます。

 

つまり、「作られた笑顔」は良いカモを集めるためのエサとも言えるのです。

中でもマルチや胡散臭い投資話といった情弱狩りビジネスの場合は

こうしたエサに釣られてついていくと断りづらかったり心理的に辞めづらかったりと

アリ地獄が待ち受けているので要注意です。

 

まあ僕も仮に営業やナンパをするとしたら絶対に笑顔を使いますね。

普段の僕はあまり笑顔になるタイプではありませんが自分にメリットがあれば別の話。

笑顔になること自体は0円かつノーリスクでできるのでそりゃいくらでも使いますよ笑

自分が笑顔を作る分には気にしませんが、

他人が笑顔を作って接触してきたら警戒はしておきます。

 

そっけない人の方が実は安全である

わざわざ笑顔を作るのには裏の目的があり、

「作られた笑顔」は良いカモを集めるためのエサであると話してきました。

 

逆に言うと、そっけない人は実は安全であると言えます。

これを分かりやすい言葉でツイートしてくださったのが勝又健太さんです。


まさにその通りで、

こういうそっけない人はムカつくかもしれませんが素直で分かりやすいんですよね。

確かに礼儀は必要ですが本来の人間はこういうものです。

逆に笑顔で持ち上げて優しくしてくれる人には裏の目的があったりします。

 

キャバ嬢が優しいのはお金のためであり、

営業マンが親切なのはお金のためであるのと同様です。

人間は付き合うメリットのない人に対してボランティアで優しくしません。

僕だっていちいち笑顔を作るの嫌ですから笑

 

笑顔は作るものではなく自然とできるものである

本当の笑顔は作るものではなく自然とできるものです。

友達と話していて面白いことがあったら自然と笑いますよね?

志望校に合格したり、好きな会社から内定がもらえたら笑みがこぼれますよね?

笑顔ってそういうものなんですよね。

 

繰り返しますが、笑顔を「作る」って時点でもうストレスなので

お金や性欲といった目的がなければやらないものです。

 

家族と話すときにわざわざ笑顔を「作る」こともしませんよね。

やたらニコニコと笑顔を作ってくる人はそれだけ不自然な存在です。

こうした人を盲信したり親しみを感じずに心理的な距離を置くようにしておきましょう。

笑顔の裏の意図を考え、用心することです。

 

ちなみに職場の中では不自然にならない程度に笑顔でいた方が良いでしょう。

職場の人間は友達でも家族でもないのであなたのことをよく知りませんし

誰も無愛想で気難しそうな人とは仕事したくありません。

こればかりは気遣いとして笑顔を作っておきましょう。

 

まとめ

  • 笑顔を振りまく人たちから漂う気持ち悪さ
  • 笑顔をわざわざ作るのは裏の目的があるから
  • 笑顔で接触するのは有効な手段
  • そっけない人の方が実は安全である
  • 笑顔は作るものではなく自然とできるものである

今回は笑顔を作る人に気をつけた方がいい理由について話しました。

 

世の中には「作られた笑顔」が蔓延しています。

わざわざ笑顔を作るのはストレスなのにあえてそれをやるのは

突き詰めると「お金」や「性欲」といった裏の目的があるからです。

 

とは言っても、相手を安心させて距離を縮める上で笑顔を見せるのは有効な手段になります。

しかし、それを悪用してカモを集める人がいるのも事実なので

逆に笑顔を作らずそっけない人の方が自然体で安全だと言えます。

本来の笑顔は作るものではなく自然とできるものなので

いつもニコニコしているような人には用心しましょう。

 

職場の中では円滑なコミュニケーションを取るためにも

不自然にならない程度に笑顔を見せた方が良いと思います。

 

ちなみに僕が思う「友達」の基準は

わざわざ笑顔を作らなくてもコミュニケーションができて

会話がなくて沈黙してもお互い気にならない関係だと思っています。

 

笑顔を作らないとコミュニケーションができない時点で友達ではなく

あくまで仕事上の関係でしかないと思っておいた方がいいでしょう。

あわせて読みたい

【ビジネスで独立したい人へ】優しい人に注意しないと騙される理由 【元投資営業マンが語る】勧誘詐欺ビジネスに多い商材の種類と実態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です