友達関係なく本音は言わない方がいい理由【お互いのためにも】

この記事は以下の悩みを持つ人にオススメです。

  • 本音を話せる友達がいなくてつらい
  • 人間とは本音で語り合うものだと考えている
  • 腹を割って話せば人間関係は良くなると思っている
  • 本音を言えない自分の性格が嫌だ
  • もっと本音をぶつけられる自分になりたい
  • 友達に本音を言うべきか悩んでいる
  • 自分の秘密をカミングアウトするべきか悩んでいる
  • 本音と建前で生きるのは良くないと思っている

こういった人の悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • 無理して本音を話す必要性がない
  • そもそも本音で生きることは不可能
  • 「本音の手札」という賢い考え方のススメ

今回は人付き合いに関する話になります。

昨今の自己啓発本や自己啓発セミナーに毒されているのが原因なのかネットを見ると

「本音で語り合うことが大事である」という価値観が植えつけられていて、一種の洗脳のようなものを感じます。

 

よくある悩みでは

「本音を言える友達がいない」

「本音を言えるようになりたい」

「友達(または家族や職場の人間など)に本音を言うべきか悩んでいる」

といったものが散見されます。

 

僕からひとこと言わせていただくとすれば

「なぜそんなに本音を言うことにこだわるの?」

です。

 

自己啓発のせいで世間にこういった余計な悩みを増幅させた感じがして個人的には業界の闇のようにも思えてきます。

本記事を最後まで読み進めていただければ「本音を言わなくちゃいけない強迫観念」が消えていくので3分ほどお付き合いください。

 

無理して本音を話す必要性がない

本音で話さないといけないという使命感にとり憑かれるのはおそらく

  • 本音で語り合えてこそが友達であり、仲間である
  • 本音で生きることが人生だ
  • 腹を割って話せば誰とでも分かり合える
  • 本音と建前を使い分けるのは悪いことだ
  • 自分を包み隠さず全てをカミングアウトすべきだ

などという認識が前提にあるのではないかと。

どれも自己啓発によくある考え方ですね笑

 

しかし現実的に考えてみてください。

たまたま学校や職場で知り合って軽く話す程度の友達にいきなり人生相談をしたり、

遺産相続に関わる複雑な家庭事情の話をしたり、

「あの人がウザすぎて殺意を抱いている」とか

「生活が苦しすぎて本気で死のうと思っている」

とでも言ったら、それを聞いた友達はあなたのことをどう思いますか?

 

「本音を言ってくれてありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」と喜んで友情が深まるでしょうか?

 

 

 

いや、まずドン引きでしょw

 

そんな重い話をしてもお互い暗い気持ちになるだけですよね。

ましてや軽く話す程度の仲ですよ?

このように、胸の内を全て明かすことで相手と関係を築けると考えるなんて大間違いです。

相手がそれを聞いたところでハッピーになりますか?

 

また、自分が同性愛者であるとか整形しているとか

不思議な趣味嗜好を持っているとか、実はオタクであるとか

 

そういうカミングアウトをしたところで相手からすると

「うん。それで?」

「へー。そうなんだ」

でしかないのです。

 

あなたが同性愛者であることを知ったところで相手はハッピーですか?

あなたがオタクであることを知ったところで相手はハッピーですか?

 

相手が喜ぶわけでもないことを伝えたところで何もお互いにメリットがないのに

なぜわざわざそれを言う必要があるのでしょうか。

言わなくてもいいことは言わなくていいですよね。

別に隠すとかではなくて、わざわざ言う必要性がないということです。

 

そもそも本音で生きることは不可能

そもそも本音で生きるなんて不可能です。

なぜなら世の中には利害と立場が存在するからです。

 

接客をしていてお客さんがどんなにウザくても、こちらが店側の人間である以上は反抗するわけにはいきません。

営業マンも自分の生活のためにゴミみたいな商材を目の前のお客さんに綺麗に見せて売らないといけません。

会社内では社長がどんなに絶望していようと社員の前では希望に満ちた姿を見せないと社員も安心して働けません。

 

就職面接で将来の夢について質問された時も、その夢が会社の利益に反するものであれば嘘をついてでも会社のためになる夢をでっち上げないといけないのです。

就職のためには社会貢献に全く興味がなくても社会貢献をしたい素晴らしい人材を演じないといけないのです。

 

つまり、本音と建前の使い分けをしないと生きていくこと自体が不可能です。

 

また、腹を割って話し合えば分かり合えるという考え方も非現実的です。

老害と真正面からぶつかって話し合ったら仲良くなれますか?

日本はアメリカと腹を割って話し合えば米軍基地問題は解決すると思いますか?

前者はともかく後者は利害と立場があるので無理ですよね。

あわせて読みたい

【海外に学ぶ】親日と日本文化好きは関係ない理由

 

「本音の手札」という賢い考え方のススメ

ここで僕の本音に対する考え方を提唱していきます。

本音というのはカードゲームでいう「手札」だと考えてください。

 

人と関わるときは本音という手札を全て見せてはいけません。

言うまでもないですが、手札がバレるとこちらが不利になりますよね。

 

トランプゲームの大富豪と同じですがいきなり強力な手札は出さずに、相手の様子を見ながら自分の手札を少しずつ出していきます。

これを対人関係で言い換えるのなら、相手との距離感・利害・信用性・親しさに応じて本音の手札を見せればいいのです。

 

先ほども話しましたが、ものすごく親しいというわけでもない人に重い話をしてもお互い嫌ですよね。

しかし親友と呼べるほど既に仲が良いのならそういった重い話をしてもさほどドン引きはされないと思います。

 

また、就職面接であれば面接官がどんな人なのかによってどこまで本音を話していいのかの許容範囲も変わってきます。

これは相手の出方次第としか言えないのです。

 

相手の出方や情報をよく見た上で自分の立ち振る舞いを考えるのです。

カードゲームやボードゲームの駆け引きをイメージすれば分かりやすいんじゃないかと。

うかつなことをしてヤケドしたらリカバリーが面倒臭いですから。

 

繰り返しますが、本音の手札は相手に応じてどこまで見せるのかを意識することです。

とはいえ、どんなに親しい人でも本音の手札を100%全て見せてはダメです。

僕の場合は親しくても90%を上限にしています。

 

これは僕の経験談でもありますが、親しいと思って自分の秘密を話したら一気にコミュニティ内に広まります。

特に女性には要注意ですね。

女子会のエサにされますし、無関係な女性の集団からも避けられたり陰で噂されるので敵に回すと厄介です。

まあ僕の場合は本当に尊敬できる女性以外は基本的に根が女嫌いなのでそこはご容赦ください。

あわせて読みたい

男女平等社会やフェミニズムに闇を感じる理由【女嫌いや結婚離れの原因】

 

あとこれは男女関係ないのですが、

誰かの悪口を同僚に漏らしても本人に伝わりますし、他人の秘密を飲みの席で暴露することは普通にあるのが人間ですので

疑心暗鬼くらいがちょうどいいのではないかと思います。

 

基本的に人間というものを無条件に信用するのは得策とは言えません

(自己啓発の世界では相手を信じるとか人間を美化する風潮にありますが)。

どんなに仲良かろうが他人は他人、自分は自分です。

超えられない壁がそこにはあるということを心得ておきましょう。

 

本音の手札の話が出たので余談になりますが、

「この人、何を考えてるか分からない」

と思われる存在になると理想的です。

これはミステリアスぶったキャラ作りをするというような痛い話ではなく笑

 

考えていることがすぐ分かる単純な人になってしまうと相手にコントロールされやすいのです。

いわゆる手札が透け透けな状態なんですね。

 

逆に、よく分からない人であれば未知の恐怖を他人に与えるので凡人は近寄ってこなくなります。

僕自身が凡人とつるむよりも自分のことに集中するか、自分よりも格上の人と関わることに時間を使いたいのでそういうスタンスです。

 

まとめ

  • 無理して本音を話す必要性がない
  • そもそも本音で生きることは不可能
  • 「本音の手札」という賢い考え方のススメ

というわけで自己啓発はハマればハマるほど余計な悩みが出てくるので毒されないことを願っています。

自己啓発はあくまでも売り手が儲けるためのビジネスであり、非科学的であったり再現性がなかったり無駄に悩んで消耗する原因になるので気をつけたほうがいいと思います。

無理に止めはしませんけど。

 

ちなみに自己啓発ディスりや論破は過去にも書いていて、当ブログの人気記事にもよくランクインするので興味があればどうぞ^^

あわせて読みたい

【実際に体験して分かった】自己啓発セミナーにハマる人の特徴と傾向

【経験談】自己啓発セミナーに行くと面倒でうざいと感じる理由

自己啓発あるあるを論破してみた【綺麗事に騙されるな】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です