ベンチャーやスタートアップ企業にやりがい搾取が多い理由

この記事は以下の悩みを持つ人にオススメです。

  • IT業界に興味がある
  • ベンチャーやスタートアップ企業に興味がある
  • 将来独立を考えている
  • 独立するためにキャリアアップしていきたい
  • とにかくスキルアップしたい
  • 充実した人生を送りたい
  • やりがいのある仕事をしたい

本記事の内容

  • ベンチャーやスタートアップ企業は20代が多い
  • ベンチャーやスタートアップ企業はビジョンが強い
  • ベンチャーやスタートアップ企業は加点方式の評価
  • スタートアップ界隈は「搾取が搾取を生み出す」構造
  • IT業界でやりがい搾取に遭わないために

今回はベンチャーやスタートアップ企業にやりがい搾取が多い理由について話します。

 

まず先にベンチャーとスタートアップの違いについて説明しておきます。

ベンチャーはよく聞きますが、スタートアップは聞き慣れないのではないでしょうか。

スタートアップを一言で表現すると、“新しいビジネスモデルを開発し、ごく短時間のうちに急激な成長とエクジットを狙う事で一獲千金を狙う人々の一時的な集合体”である。

引用元:ベンチャー企業とスタートアップの違い

 

要するに、既存のビジネスモデルを拡大・展開していくのがベンチャーで、

全く新しいビジネスモデルを開発していくのがスタートアップということになります。

 

とはいえ、そもそも「ベンチャー」は和製英語で、英語で「venture」は

ベンチャーキャピタル(VC)という意味で、投資する側を指します。

なのでIT系の新興企業は「startup」と呼ぶのが一般的です。

 

日本ではベンチャーとスタートアップを使い分けていますが正直なところ基準が曖昧なので

本記事では同一に扱うことにします。

とはいえ、個人的には従業員数が10人や20人程度の小さな新興企業がスタートアップかなという印象です。

 

ちなみに僕はスタートアップにいた時期があるのですが、

その職場の方々は「自分たちはベンチャーではなくスタートアップである」

というプライドを持っていて「うちはベンチャーと違う」というのを強調されていました。

ある種の同族嫌悪みたいなものでしょうね笑

 

話がそれてしまいましたが、

ベンチャーやスタートアップには「やりがい搾取」が多いという現実があります。

もちろん健全な会社も多くありますが「やりがい搾取」されているのに気づかない若者もいます(僕も若者ですが笑)。

本記事ではなぜこういったIT系の新興企業にやりがい搾取が多いのかと、その対策について話していきます。

 

ベンチャーやスタートアップ企業は20代が多い

ベンチャーやスタートアップは20代と30代で構成されているのが基本的です。

平均年齢27歳もあれば、平均年齢34歳の会社もあり様々です。

 

僕はこれまでにITに限らず様々な場面で同年代(20代)と仕事してきましたが、

20代と仕事をすると人間的にレベルの低いトラブルや感情的な押し付けが多くて消耗します。

 

職場に限らず20代で構成されている集団は感情的だったり宗教チックになりがちです。

というのも20代は人生経験が浅いので誰かの教訓や受け売り、「〜べき」論で統率を図ることが多く

必然的に精神論に偏りがちなんですよね。

逆に30代や40代になると経験豊富なので自身の経験に基づいた指導をしてくれたりします。

 

この違いは非常に大きくて、20代で多く構成されているベンチャーやスタートアップは

根性論や精神論で全体主義(軍隊みたいな感じ)になりがちです。

なのでなるべく30代の多いベンチャーやスタートアップを選ぶのが得策と言えるでしょう。

ここら辺の話は以下の記事で詳細に話しております。

あわせて読みたい

20代よりも30代と仕事をした方が良い理由【IT企業でスキルアップ】

 

ベンチャーやスタートアップ企業はビジョンが強い

IT業界だからこそというのもあるのですが

ベンチャーやスタートアップは良くも悪くもビジョンが非常に強いのが特徴です。

そのビジョンが前向きな方向に進めば良いのですが

中には崇高な理念を掲げて、意識が高くて真面目な若者を安くこき使う会社も多く存在します。

 

まさに「やりがい搾取」の典型例ですよね。

「自分たちはこんな素晴らしい仕事をしているのだからお金は最低限で十分だ」

という思考の押し付けです。

 

しかも20代の真面目な人が集まりやすい業界でもあるのでなおさらビジョンを強調しがち。

さらに付け加えると、20代は特に将来の不安が強くなりがちなので満たされない感情を

何かすごいことを成し遂げたいとか社会貢献したいという思いで満たしたい傾向にあります。

そういった心理的に隙がある状態を悪い大人はつけ狙うのです。

これは就職先に限らず投資詐欺や自己啓発セミナー、マルチ商法といった情弱ビジネスにも当てはまります。

あわせて読みたい

社会貢献や社会的意義は無視して儲かる仕事すべき理由【脱やりがい搾取】

 

ベンチャーやスタートアップ企業は加点方式の評価

こちらについても良くも悪くも特徴的ですが、

ベンチャーやスタートアップは加点方式の評価をするのが普通です。

 

減点方式だといかにミスをせずに業務をこなすかというアルバイトや公務員的な思想で、

最低限のことをしっかりやれば良い評価をもらえます。

しかし加点方式だと青天井にあれもこれも自主性を求められるのです。

 

もちろん減点方式と加点方式の両方にメリットとデメリットがあるのは承知の上ですが、

ベンチャーやスタートアップだと加点方式で評価される割合が結構大きいので

承認欲求が強かったり評価を欲張りすぎると負担が激増していきます。

 

スタートアップ界隈は「搾取が搾取を生み出す」構造

ベンチャーというよりもスタートアップのような小さな新興企業にありがちですが

「搾取が搾取を生み出す」構造となっております。

 

こちらの記事(スタートアップ界隈の人材が低年齢化してるけど問題ないの?)が分かりやすいですが

 

投資家が若い人(学生とか)に起業を煽り、

それによって起業した人(起業家)は社会経験も実績も能力もないままで起業してもうまくいかず

キャリアを詰んでしまうという実情が具体的に話されています。

 

他にもスタートアップの起業家が不利な条件で投資家に契約をさせられているケースもあり、

経営状態が悪いままインターンという名目で学生を低賃金労働させたり

残業代が一切出ない状態で残業を強要したり

有給という概念すら存在しないという話も聞きます(有給は義務のはずですが汗)。

 

このように投資家が起業家を搾取し、起業家が労働者を搾取するといった

「搾取が搾取を生み出す」構造ができているのです。

 

IT業界でやりがい搾取に遭わないために

これまでにベンチャーやスタートアップに「やりがい搾取」が多い理由を話してきました。

ではどうすればこのような搾取を防げるのでしょうか。

 

僕が思う、もっとも期待値の高い答えが以下です。

  • なるべく30代が多い会社を選ぶ(求人の平均年齢を調べる)
  • 求人に精神論だけでなく具体的な業務内容が記載されている会社を選ぶ
  • 残業について明確に記載されている会社を選ぶ(有給消化率についても記載されているとなお良し)
  • 従業員数20人以下の会社は選ばない(スタートアップを避けるため)
  • 就職先で必要以上に評価を欲張らない

もちろんこれ以外にもあると思います。

 

本記事をここまで読んでいただければご納得いただけると思うので具体的な解説は割愛させていただきます。

よほどスタートアップを経験してみたいという気持ちがなければスタートアップは避けた方が無難です。

 

こう聞くと、

 

「ラクしようと考えるなんて悪いことだ!」

という批判もあると思います。

 

 

いえ、ちょっと待ってください。

 

 

僕はラクしようという話をしているのではなく「やりがい搾取」に遭わないための話をしています。

独立・スキルアップ・キャリアアップを目指すのであればなおさら「やりがい搾取」は危ないです。

前述の通り「やりがい搾取」に遭ったことでキャリアを詰んでしまう人が後をたちません。

 

努力をするにしても「適切な努力」が必要であり

「適切でない努力(やりがい搾取にハマること)」をするのに時間を使うほど若さは永遠に続きません。

 

20代のうちに何をしたかによって30代以降の人生が決まります。

30代から全く新しい挑戦をしようにも現実的に企業は30代未経験を採用したくありませんし、

そのくらいの年齢になると家庭を持ってもおかしくないので身の置き所を考えなくてはなりません。

 

だから20代のうちにどんな努力を積み上げておくのかが非常に重要になります。

決してラクをしようとか怠けようという話をしているのではありません。

 

独立・スキルアップ・キャリアアップをしたくてIT業界に入るのは大賛成ですが、

特にベンチャーやスタートアップでは前述のように加点方式で青天井に自主性を求められてしまい

負担が無限に増えて自分の時間が取れなくなってしまいがちです。

 

将来独立をしたいと思われるのであれば必要以上に評価をもらおうとすると努力のコスパが悪くなるので

ある程度結果を出した上で自分のための時間を作った方が独立しやすいです。

「木を見て森を見ず」はダメということですよね。

 

会社側の利害と自分の利害は相反するものなのでどこまで許容し線引きするのかは

時々立ち止まって考える習慣をつけると良いでしょう。

 

少なくとも僕が会社員の時は会社のためではなく自分のために仕事をしています。

自分がエンジニアとしての実務経験や業績作り・スキルアップする目的で仕事をし、

それが結果的に会社のためになるので利害が一致して会社に協力するのです。

要するに「会社のため」は二の次ということ。

会社は家族でも友人でもなく利害が一致した契約関係に過ぎませんし、辞めたら終わる関係ですから。

あわせて読みたい

会社を踏み台に利用する方法【キャリアアップ、独立、成功に向けて】

 

最後は自分語りが長くなってしまいましたが、

考え方のひとつとして捉えていただけたらなと思います。

 

まとめ

  • ベンチャーやスタートアップ企業は20代が多い
  • ベンチャーやスタートアップ企業はビジョンが強い
  • ベンチャーやスタートアップ企業は加点方式の評価
  • スタートアップ界隈は「搾取が搾取を生み出す」構造
  • IT業界でやりがい搾取に遭わないために

今回はベンチャーやスタートアップ企業にやりがい搾取が多い理由について話しました。

ベンチャーやスタートアップは「やりがい搾取」が生まれやすい構造になっているので

将来独立したいとかキャリアアップしたいという人は「やりがい搾取」に遭わないためにも

ベンチャーやスタートアップとは適度な距離感で付き合っていく方が得策と言えます。

こうした適度な距離感を身につけたいという方には以下の記事が役立つと思います。

あわせて読みたい

正直者はバカを見る世の中と言える理由【バカ正直は損】 合理的で賢いサイコパスになる方法【人生のチート】 非公開: いくら友達でも本音は言わない方がいい理由【お互いのためにも】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です