人間は群れると無能で性格も醜くなる理由【孤高のススメ】

Pocket

この記事は以下に当てはまる人にオススメです。

  • 友達が少ない(いない)けど大丈夫だろうかと不安
  • 群れている人が嫌い
  • クラス内で群れることが苦手だった
  • いい歳した社会人がfacebookやinstagramで群れている姿を見ると吐き気がする
  • 一人の方が割と好きだったりする
  • 群れる奴って底辺多くね?と最近気づき始めた
  • ママ友の群れがレベル低すぎて嫌だ
  • 人と群れるメリットが見当たらない
  • 群れる人の心理が分からない

こういった人の悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • 群れるのが好きな人は知能レベルが低いと証明された
  • 人間は群れると無能で醜くなる理由
  • 孤高に生きよう

今回はなぜ人間は群れると無能になるのかについて解説していきます。

冒頭にある「この記事は以下に当てはまる人にオススメです。」に書いてあるのは僕の心の声なんじゃないかと言われても否定はしません・・・笑

 

でも実際に検索キーワードのサジェストや、Yahoo!知恵袋、アメブロなどを見ても同じように思う人が数多くいるように感じます。

僕は誰かと一緒にいると相手に気を遣いすぎたり人目を気にしないといけないという理由から疲れるのと

自分のやりたいことが制限されたり、無駄に時間をだらだら過ごすことに罪悪感を覚えることから

あまり群れることが好きではありません。

 

元々他の人と価値観が合わない変わり者であることから小中高大学と昔のアルバイト先の全てにおいて今も連絡を取り合っている友達はいないに等しいです。

久しぶりの人と会ったこともありますが、どうしても当たり障りのない世間話(誰々があの人と付き合ったとか、どこどこに就職したとか)しかできなくて正直楽しくないんですよね。

かつての営業の戦友以外に深く付き合う友達もいませんし、新たに友達を作ろうとも思いません。

 

こんなこと言うとコミュ障なんじゃないかと言われるかもしれませんが、そんなわけでもありません。

営業経験もあってか、いろんな人とそれなりに話すことはできるし割と印象良く思ってもらいやすかったりします。

偏屈な相手でない限り初対面で仲良くはなれます。

 

それでもやはり最低限の付き合いだけで、必要以上に群れたいとは思いません。

僕がそう思うのには明確な理由がありまして、孤高な生き方をした方が人は洗練されるからです。

逆に言うと群れる人で魅力的な人間を見たことがありません。

むしろ群れる人の多くは言葉を選ばずに言うと無能で醜いです。

本記事ではなぜ群れると良くないのかについて具体的に話します。

 

結論から言うと、群れる人は以下の理由で醜くなります。

  • 自分の意見を持たなくなる
  • 誰かの悪い性格や習慣が移る
  • 口の上手い人に扇動される
  • 自分がすごいと勘違いする
  • 他力本願になる
  • いじめの対象ができる
  • 格下と比べて優越感から慢心する
  • ダラダラと時間を無駄に過ごす

以下で解説していきます。

5分ほどで読み終えるのでぜひ最後までお付き合いくださいませ。

群れるのが好きな人は知能レベルが低いと証明された

「群れるのが好きな人は知能レベルが低いと証明された」ことについては

過去記事で話した通りです。

誰かと一緒にいることで新しい考え方や知識を見つけることはできるかもしれませんが

思考を深めて自分の中に落とし込めるのは一人のときです。

ゆえに一人でいる人の方が思考レベルが高いのはあながち間違ってなかったりします。

 

実はイギリスの心理学者サトシカナザワ教授によると

知能レベルが低い人 = 友達付き合いが多いと幸せに感じる

知能レベルが高い人 = 一人でいると幸せに感じ、友達付き合いが多いとむしろ不幸に感じる

とのことです。

(参考元 : IQが低い=友達が多い

【辛口注意】馴れ合いと傷の舐め合いは人生をダメにする麻薬です

僕が自分のことを知能レベルが高いと示唆しているようで気が引けてしまうのですが笑

知能レベルが高い人が友達と一緒にいるよりも一人でいるのが好きな理由は

長期的に物事を見るので目先の楽しみよりも将来に向けた自己実現に重きを置くからです。

自己実現という高尚な目的を達成するためにも、友達や目先の楽しみに時間を割きたいと思わないのです。

友達が多いとむしろ「自分のやりたいことに集中できない」と不幸な気持ちになってしまうのです。

 

一方で友達といることで幸福感を感じる人は人生に対する目的もなく生きている傾向にあるので

誰かと一緒にいて今をラクに楽しく生きることに幸せを見出しているのです(短期的にしか物事を見られない)。

この、長期的に見るか短期的に見るかについても過去記事で解説していますので興味があればどうぞ。

頭が良い人と悪い人の根本の違い【これだけで説明がつく】

人間は群れると無能で醜くなる理由

自分の意見を持たなくなる

 

群れると自分の意見を持たなくなります。

周りがこう言うからなんとなく、と惰性的に行動しがちになるので考えなくなってきます。

頭の悪い人にとっては余計なことを考えなくてすむので気が楽になります。

とりあえずこの人の言う通りにしておけば良いのかと怠けて思考停止します。

 

頭が良い人はそういった出来事に違和感を覚えながらも協調性を考えて合わせようとするか、群れから離れるかを選びます。

群れにいるのが当たり前になると、今度は群れの中で拒絶されたり嫌われることを恐れて自分の意見を持ってても言えなくなったり、断れなかったりして同調圧力に屈することになります。

なぜなら人間は何かを得る喜びよりも失う恐怖の方が敏感に感じやすいからです

(1万円を得る喜びより1万円を失う恐怖の方が深刻に感じますよね。行動経済学ではこれを「プロスペクト理論」と言います)。

 

つまり「群れに入るのは簡単で、抜けるのは大変」というアリ地獄の構造になっているのです。

自分の意見を持たないのが当たり前になると物事を批判的に考える概念がなくなり、洗脳されていきます。

洗脳は本人は自覚しないものです。なぜなら群れの中の常識と群れの外の常識の違いが分からなくなっているからです。

群れるだけで自分で考えることをしなくなって、抜け出せなくなり、洗脳されるなんて考えたら恐ろしいですね。

 

誰かの悪い性格や習慣が移る

 

群れの中にいると群れの常識と外の常識の違いが分からなくなるのは前述の通りです。

すると群れの中の誰かが当たり前にやっている習慣や、その人の悪い性格に疑問を持たなくなり

周りもそれに対して平然としているので自分もそれを自然と思ってしまいます。

特に群れの中で周りが憧れるようなカリスマ的存在の人物がいると、みんながその人のようになろうと真似をしてしまいます。

すると「あの人もやってるし、周りもやってるし、私もこのままじゃダメだ!」と自分も真似するようになります。

この流れは若い人がサークル乗りで群がっているネットワークビジネスにありがちなパターンです。

買い込みをする人も借金をする人もこのように広がっていきます。

学校のクラス内だと、流行に乗り遅れちゃダメだとみんな必死になる現象がそれです。

 

口の上手い人に扇動される

 

群れの中心人物であるカリスマ的存在はたいていが口の上手い人です。

前述の通り、群れのほとんどの人間は思考停止し、周りに合わせる人ばかりなので

口の上手いカリスマの力を持ってすれば簡単に洗脳し動かすことが可能です。

身近で分かりやすい例がネットワークビジネス、宗教、自己啓発セミナーです。

どれも共通しているのがリーダー格が存在していて、自身を魅力的に見せる演出が非常に上手いです。

そして大衆が「自分もこんな人になりたい!」と思いお金を出し続けるのです。

まさに「扇動」です。

扇動(せんどう)とは、社会や集団のなかで一部の少数の者が大多数のものに対して巧みな演説や論説などを駆使することによって群集心理を操作し、大多数の者を自分たちにとって都合のよい状態に置き換えるという行為のことである。

引用元 : ウィキペディア

今度、ここら辺の話を歴史と身近を照らし合わせて解説した記事を書こうと思ってます^^

 

自分がすごいと勘違いする

 

自分がその組織や群れに所属しているだけで自分がすごいと勘違いしているタイプの人が結構多かったりします。

例えば企業のそれなりに偉い役職の人が

「うちと関われることを誇りに思いなさい」と言ってくるケースがありますが、

あなたがその会社を立ち上げたわけでもないのにどうしてそんなに偉そうなんだろう

とぶっちゃけ思いませんか?

その会社を立ち上げた社長本人が言うなら分かりますが、あくまでもその会社で雇われているに過ぎない人が

会社がすごいことをさも自分自身がすごいかのように振る舞うのはダサいです。

 

他にもベンチャー企業のただの一個人が自慢げに

「うちではこういうことをやっていて、こんな有名人とタッグを組んでいて、どこどこまで展開しています。そしてああでこうで・・・」

と自己紹介していて、俺はこんなすごいんだぜ感を態度から露骨に出している人を見たことがありますが

見ていて非常に痛々しかったです。案の定、態度が悪かった笑

 

ネットワークビジネスにおいても成功者(本当に成功してるかは別として)とくっついているだけで

他人に対して上からモノを言ったり、「だからお前はダメなんだよ」と偉そうにする人が割と普通にいます。

自分が成功しているならいいですが成功してもいないのに自分がすごいと勘違いした態度を取るのは見苦しいです(特にア○ウェイ、モ○ーア、リゾ○ット、アリッ○ス💢笑)。

 

あと、「俺はあの人と友達だよ」と人脈自慢する人もその気質があります(実際はただの知り合いか名刺交換しただけの関係だったりしますが)。

人間は誰かと繋がることで、自分がすごいと思いたい生き物なのでしょうか。

群れると特にそれが露骨になります。

 

他力本願になる

 

群れると「誰かがやってくれるだろう」と他力本願になります。

その証拠に、何かトラブルが起きると「あいつがそう言ったから」とか「それは私ではなく、あの人に言って」

と責任をたらい回しにしたがります。

トラブルの予兆があっても見て見ぬ振りをするのです。

こういったパターンは学校のクラスでも部活でもサークルでもアルバイト先でも会社でも

どこでも起きるのです。

実際に皆さんも心当たりはありませんか?

 

一人でいる時と違って群れだと自主的に動かなくなります。

なぜならめんどくさいのと、誰かのせいにできるから。

それが群れる人間の心理です。

 

いじめの対象ができる

 

群れの中で自分よりも弱そうな人を見ると、いじめが発生します。

いじめというほどでなくても

嫌がらせ、嫌味、パワハラ、悪口などといった形で

立場が上の方から下の方へと負の流れができます。

弱肉強食とはよく言ったもので、人間も生き物である以上、自分より弱い人に対して残酷な一面を見せがちです。

 

学校だったらスクールカーストでイケてる人から冴えない人へ、

部活だったら先輩から後輩へ

アルバイト先や職場だったら仕事のできる人からできない人へ

歴史的に見ても身分の高い人から身分の低い人へ

 

この流れは普遍的で断ち切ることはできないでしょう。

群れると人間は弱い人を見つけていじめるものです。

個人的に思うのが、小中高のクラス制度を廃止した方が大学のようにいじめが起きにくくなるのではないかと思います。

 

格下と比べて優越感から慢心する

 

これは過去記事にも書きました。

これは分かりやすいかもしれません。

  • 自分よりも頭の悪い人
  • 自分よりも貧乏な人
  • 自分よりも仕事で結果を出していない人
  • 自分よりもモテない人
  • 自分よりもブサイクな人
  • 自分よりも運動神経の悪い人

こうやって自分よりも下の人を見ると人間は慢心します。

 

一時的に優越感を感じたところで何の自分の成長にもならないです。

どうやら心理学的には、自分が不幸な状況だと自分よりさらに不幸な人を見て安心感を得る傾向があるそうです。

つまり自分より下の人を見て優越感に浸る人は「負け組」なのです。残念!

 

惨めなだけなので止めましょう。

 

人と比べない方がむしろ成長できる理由【キレイ事抜きに】

 

ダラダラと時間を無駄に過ごす

 

これは言わずもがなですが、群れるとダラダラと時間を無駄に過ごしがちです。

どこに行くのも、何をするのも常に誰かと一緒だと、単独行動の時よりも無駄な動きが多いことは明らかですよね。

一人だとすぐにできることも多人数だと時間が余計にかかります。

 

付き合いのために飲みに言ったり、遊んだり、おしゃべりをしたり、ダラダラとSNSで会話したり・・・

果たしてこの時間に何か得られたことはありましたか?

惰性で無駄に潰してきた時間は戻ってきません。

 

孤高に生きよう

以上の理由により、

人間は群れると無能で性格も醜くなると断言できます。

 

「弱い奴ほど群れる」とはよく言ったものです。

自分で何かを考えたり、自分の力で問題を解決しようとしたり、自分で責任を取ったり、

精神的に自立しようと思ったり、自分自身を強くしようと思ったり

 

そういうことができない人こそ依存し合うのです。

誰かが一緒にいれば自分は何も考えなくていいし、何かあれば誰かのせいにできるし、

格下がいれば安心できるし、いじめることもできる。

自分に都合よく生きられるのです。

 

僕はそういう人間をズル賢くて汚い人間としか思えません。

みんなでやれば怖くない精神なのか、いじめをする人もガラの悪い人も集団でいることが多いです。

 

そんな醜い人間にならないためにも群れない生き方

言い換えると、「孤高な生き方」をオススメします。

 

群れずに自分らしく生きつつ、自己実現を目指していくのです。

自由なのはもちろんですが、それには責任も伴います。

自分の力で考え、判断しないといけませんし、何かあっても自分で自分を守らないといけません。

誰にも縛られずに生きていくためには自分が強くならないといけません。

つまり、群れないためには強くなる勇気が必要です。

 

そのせいか孤高に生きる人からはどこか魅力を感じられます。

僕も自分の信念があって生きているのでもっと強くなることに日々明け暮れています。

 

もちろんこの生き方が全てとは言いませんし押し付けもしません。

ただ、自分のやりたいことがあったり、理想の自分を追い求めているのであれば

孤高な生き方をせざるを得ない状況に必ず直面します。

 

迷っている人は一度自分を見つめ直してみるといいですね!

やりたいことがまだ見つからないのであればこちらの記事が何かしらヒントになるかもしれません。

やりたいことも夢も見つからない人へ【嫉妬がヒントです】

 

孤高についてはこちらの記事でも解説しています。

【辛口注意】馴れ合いと傷の舐め合いは人生をダメにする麻薬です

 

まとめ

  • 群れるのが好きな人は知能レベルが低いと証明された
  • 人間は群れると無能で醜くなる理由
  • 孤高に生きよう

群れると無能になる理由については以下の通りです。

  • 自分の意見を持たなくなる
  • 誰かの悪い性格や習慣が移る
  • 口の上手い人に扇動される
  • 自分がすごいと勘違いする
  • 他力本願になる
  • いじめの対象ができる
  • 格下と比べて優越感から慢心する
  • ダラダラと時間を無駄に過ごす

いかがでしたか?

弱いから群れるのか、群れるから弱いのかは分かりませんが

どちらにしろ普段から群れている人間は大したことないので

彼ら(彼女ら)のことは気にせず、自分のやりたいようにやっていきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です