「結果と過程どちらが大事?」論争に終止符を打つ

Pocket

この記事は以下の悩みを持つ人にオススメです。

  • 結果と過程のどっちが大事なのかを知りたい
  • 仕事していて「結果が全て」と言われるが実際はどうなのか
  • 過程を無視する風潮もいかがなものかと思っている
  • 過程を重視しすぎて結果に出ないのも問題だと思っている
  • で、結局どっち?

こういった人たちの悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

  • 結果と過程はどちらが大事か
  • 新人は過程が重要な理由
  • 過程ではどんなことを見られるのか
  • ある程度できる人は結果が重要な理由
  • 結果ではどんなことを見られるのか

 

「結果か過程か」論争は「量か質か」論争と同じくらい繰り広げられていますよね笑

 

僕はこういう二極化する論争が好きじゃなくて

どちらも一長一短があるので短絡的にどちらが良いというのは難しいと思っています。

 

僕が営業会社にいたときはとにかく

「結果が全てだ」

「売上が全てだ」

「数字を作れないやつは営業マンとして終わってる」

といった教えを受けていました。

 

世の中が資本主義であり、営利活動を行う法人であり、営業会社である以上

確かにそれも一理あります。

 

しかしそういうゴリゴリな営業会社(プル○ンシャル生命や、ひか○通信が典型的)じゃなくて

成長しているまともなITベンチャー企業に行くと多くの人が口を揃えて言うのが

「目先の売上ばかり考えて顧客満足度や従業員満足度を度外視すると長続きしないし誰も幸せになれない」

「売上をつくっても他の要素が悪ければ、良い評価はしない」

と、結果以外の部分もフォーカスしています(僕はこっちの考え方です)。

 

特に従業員満足度については結果以前にどれだけ従業員が気持ちよく働き、成長できるかという過程的な要素を含んでいます。

過程を無視して結果ばかりだと劣悪な職場環境になり、会社も従業員もお客さんも得をしません。

この辺りは後述します。

 

ちなみに僕は営業会社にいたときは年に10ヶ月くらいは社内でトップの結果を出していた営業マンでした。

結果を出せない人間の言い訳として過程を持ち上げているわけではないので

その辺りは勘違いのないようにご理解いただけると助かります^^

 

3分ほどで読み終えるのでぜひ最後までお付き合いくださいませ。

 

結果と過程はどちらが大事か

結論から言うと

 

新人は過程が大事で、

ある程度できる人は結果が大事

 

です。

これはアルバイトでも正社員でも派遣でもMLM(マルチ商法、ネットワークビジネス)でも同じです。

 

新人は過程が重要な理由

まず当たり前の話になってしまいますが

新人が経験者よりも結果を出すなんてまず不可能なわけです。

 

そもそも新人は仕事のやり方もルールも分からないわけですし

会社の規則のような明文化されたものだけでなく暗黙の了解やマナー、約束事も存在するわけです。

そういったハッキリしないものについては業界や職場が違えばかなり変わります。

 

そんな新人に対していきなり「結果が全てだ」と言うのもひどい話ではないでしょうか?

そもそも教育も研修もしっかり受けてないのに仕事のやり方を知ってること前提で責めるのもおかしいのです。

 

その会社は従業員教育をしっかりやっている会社ですか?

僕の知る限りうまくいっている会社は教育を徹底しています。

ベンチャー企業では積極的に社内勉強会を開催したり、

社員に福利厚生としてビジネス本の購入費用やセミナー代を月や年単位で金額上限を決めて手当を出してくれたりします。

 

アルバイトに関しては

結果というのは「仕事ができるか」という話にあたります。

まともにやり方を教わってもないのに仕事ができないことを怒鳴ってくるクソ上司がバイト先にいませんでしたか?

あるいは「そんなことも知らねーのか」と怒号を浴びせられたことはありませんでしたか?

 

「いやそもそも聞いたことねーし」ですよね。

そもそもしっかりと教わるという過程がなかったか、過程がお粗末だったのですから。

新人に対して仕事ができないことをキレる人は「結果が全てだ」思考と根本は同じなのです。

 

会社が提供するべき過程(教育)という責任を度外視して、結果を出せない新人を悪者にする会社は

人間に例えて言うなら

結婚したばかりの息子の嫁に家事がうまくないことをいちいちケチつけたり嫌味を言う姑(しゅうとめ)

となんら変わりないですよ。

やり方をちゃんと教えてないのに思い通りに動けない嫁を悪者にするという(職場のお局様も本質は同じでしょう)。

 

それが個人の話ではなく会社という規模で組織的に行われているのですから

結果を偏重する営業会社が劣悪な職場環境で

パワハラ・いじめ・ブラックが横行するのも理解できますよね。

そしてそういう会社は社員が長続きしないので辞めては入りを繰り返し、

成長しないのでお客さんにとって満足する質のサービスを提供できません。

 

過程ではどんなことを見られるのか

上記のようなあまりにも酷すぎる会社は辞めたほうが正解ですが

新人がやるべきことは結果が出なくてもどれだけ吸収しようとする意欲があるかです。

 

業界知識についてはネットで調べればいくらでも出てくるので調べて、

それでも分からないことがあったり

仕事上のルールについて知りたいことがあれば積極的に先輩や上司に質問する自主性があると全然違います。

もし質問して嫌な顔をされるのであれば他の人に聞けばいいだけの話ですから。

 

質問するときは

「これ分かりません」

と丸投げするのではなく

「これはこうした方がいいと思うのですが○○さんはどう思いますか?」

「これをこうしたくてああしたのですが、うまくいきませんでした。何が足りなかったのですか?」

と具体的でレベルの高い質問をするようにしましょう。

 

あと、社内で評価が高い人仕事ができる人はどんな考え方でどんな習慣で、

どんなやり方でやっているのかを徹底的に観察して盗むと良いでしょう。

場合によっては仲良くなって相談してみると良いアドバイスがもらえるかもしれません。

人は自尊心の生き物なので教えを請われると嬉しいものです。

 

また、組織の中では必ず仕事のできる人のまとまりできない人のまとまりがあります。

できる人はできる人同士でつるんでいて

できない人はできない人同士でつるんで飲み会で愚痴を言ったり傷を舐め合うだけの人がいます。

 

新人は積極的に仕事のできる人とつるみましょう

よほど仕事のできる同期でない限り、同期とつるむとなあなあになりやすいので

なるべく上司と積極的につるむと上司の経験を間近で学ぶことができて同期と一気に差がつきます。

 

こういった吸収意欲自主性が過程として新人は見られます。

すぐに結果が出ないのが普通ですから姿勢や態度で有望な存在になるのが大事です。

 

よほど理不尽な上司でない限り、怠惰ややる気がないことが原因で叱られることは恥と心得ましょう。

ある程度できる人は結果が重要な理由

さて、新人は過程が大事と言いましたが

ある程度仕事を覚えた人は結果を出さなければいけません。

 

新人とは違って仕事が分かるのに結果を出せず

でも頑張ってるから過程を褒めてなんて言うのは

ただの要領が悪い人です。

キツイ言い方をすると仕事ができない人です。

しかもそんな自分を開き直って褒めてもらおうと考える図々しさです。

 

仕事をひと通り覚えたらあとはどれだけ効率よく結果を出すかになってきます。

新人はもちろんそんなことはできません。

 

仕事を覚えた人には結果を出す義務があります。

そのために会社はその人に人件費や教育費としてお金を投資しているわけですから。

過程を見てもらおうとするのは卒業しましょう。

寝てない自慢や残業で何時まで頑張った自慢をするぐらい見苦しいです。

 

結果ではどんなことを見られるのか

会社がどんな結果を重視するかは会社によります。

売上を重視する営業会社であればやはり売上が全てになります。

 

他にも

どれだけ社内の教育に貢献するか(自主的に社内勉強会を企画したり積極的に新人に仕事を教えるなど)

を重視する会社もあれば

どれだけ会議やミーティングで自分の意見を言うかを重視する会社もあります。

 

ここは会社の社風や役員の意向、会社が何を目指しているかを見るしかありません。

上場を目指す会社もあれば上場しなくていいという会社もありますから。

他にもサービスの質を落としたくないからあえて集客しすぎない会社とか。

 

本当に会社によって様々です。

その会社が何を自分に求めているかを考えながらそれに見合う結果を出すと良いでしょう。

 

まとめ

  • 結果と過程はどちらが大事か
  • 新人は過程が重要な理由
  • 過程ではどんなことを見られるのか
  • ある程度できる人は結果が重要な理由
  • 結果ではどんなことを見られるのか

「結果か過程か」論争の答えは

新人は過程が大事で

ある程度できる人は結果が大事

です。

 

みなさんも仕事をする上での姿勢など本記事から少しでも学べることがあれば幸いです。

また、過程という責務を果たさないで結果を押し付けてくる会社は見限ることをオススメします。

 

それでは^^

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です