頭の悪い男ほど人をディスるイジりで笑いを取りたがる説【品がない】

この記事は以下に当てはまる人にオススメです。

  • 不快なイジりにうんざりしている
  • 面白くもないイジりがしつこくてウザく思う
  • 笑えないイジりをする人がいる
  • いじめのようなイジりをする風潮が嫌い
  • 品のないイジりはいい加減にしてほしい
  • イジりが嫌いである
  • イジりという口実で悪口を正当化するのは汚いと思う
  • 面倒なイジりで絡んでくる人がムカつく
  • 頭の悪い人ほどイジるのが好きだと思う
  • お笑いの質が民度によって全然違うと思う
  • 頭の良い人のユーモアの方が面白くて好き
  • 頭の悪い人と同じ笑いのレベルになりたくない

本記事の内容

  • 笑いのレベルが民度によって異なる
  • 頭の悪い人がイジりで笑いを取りたがる理由
  • 自虐はいいけど他人をディスって笑い者にするのは品がない
  • 関わる人の民度を見ないと自分の民度も下がる

今回は頭の悪い男ほど人をディスるイジりで笑いを取りたがる説について話します。

本記事はあくまで僕の観測範囲を基にした仮説になりますが

民度によって笑いのレベルが全く違うということをお伝えしていきます。

 

中でも頭の悪い人(特に男)は

誰かを不快にさせるイジりや面倒な絡みで笑いを取ろうとしてくることが多いです。

なぜそう言えるのかについて僕なりの考察を以下に述べていきます。

 

笑いのレベルが民度によって異なる

笑いのレベルが民度によって異なるという話を冒頭からしましたが

具体的に言うと

  • 頭の悪い人(民度の低い人)・・・人をディスるイジりで笑いを取りたがる
  • 頭の良い人(民度の高い人)・・・皮肉やユーモアで痛快に笑いを取る

といったところでしょうか。

 

少し分かりやすい例を出すと、アメリカの映画やドラマでは

教養のない人(犯罪者・囚人・スラム街の人)は汚いスラングで人をバカにして笑いを取り、

教養のある人はブラックジョークや遠回しな皮肉表現をさらっと言う印象があります。

あくまでもイメージになりますがあながち間違ってはいないかと。

 

これがYouTubeのコメント欄やTwitterを見ると

頭の悪い人はインフルエンサーの容姿や話し方をバカにしたコメントで笑いを取り、

頭の良い人は論理的で皮肉を込めた正当な批判をしたり、あるいはそもそも相手にしません(時間の無駄なので)。

 

大学生と社会人を比較しても大学生は知能的に未熟な分、

LINEグループ内や飲み会でイジる標的を見つけて笑いを取る傾向にあります。

もちろん社会人でも幼稚な人がいますがおそらく大学生ほど多くはありません。

 

高校生以下の場合でもやはりクラス内でブサイクな子を標的にして笑い者にし

もはやいじめと変わらないんじゃないかということも普通にあります(スクールカースト)。

 

それから極端な話になりますが、

誰かが痛ぶられるのを楽しむという意味では「パンとサーカス」もあります。

古代ローマの闘技場(コロッセウム)で奴隷身分の剣闘士達がリアルな殺し合いをしたり

猛獣と戦うという野蛮な光景を見世物にして観客がそれに夢中になって民度が下がっていくという

愚民政策が行われていたわけです。

 

要するに、誰かをおとしめて娯楽を得ることは民度の低さを物語っています。

 

そう考えたら世の中では頭の悪い人が誰かをイジって笑いを取る傾向にあるのではと言えるわけです。

実際に僕自身も都合よく悪質なイジりの対象として利用されたり、

僕以外で同じように集団の中でそういったスケープゴート(生贄)にされる人も見てきました。

 

イジりという口実で人を不快にさせ、集団でそれを肯定する風潮が僕は嫌いです。

いじめなら反発できますが、イジりだと反発すると「空気読めない」とか「プライド高い」

と嫌がられて今度は集団から阻害されたり無視されるという陰湿さがあるからです。

そういう意味で僕は大学時代に長く過ごした国際交流サークルが

本当に民度が低かったなと思っています(もちろん良い人もいました)。

テレビで芸人さんがイジられるのは商売であり、彼ら(彼女ら)はお金をもらっていますからね。

 

話がそれましたが、頭の悪い人がやりたがる笑いの取り方は悪質であり

頭の良い人の笑いとは一線を画すと言えるでしょう。

 

 

頭の悪い人がイジりで笑いを取りたがる理由

ではなぜ頭の悪い人は不快なイジりで笑いを取りたがるのでしょうか。

考えられる理由は2つあります。

1つ目は、頭の良い人と違ってユーモアや皮肉がうまく言えないから。

2つ目は、偉そうにしたいか、偉い自分という権威性を出して優越感に浸りたいから。

 

まず1つ目の理由に関してですが

頭の悪い人は教養がないので頭の良い人ほど語彙力も知識もなく

ひねりのあるユーモアや皮肉がうまく言えないのでしょう。

ブラックジョークもそうですが、そういった笑いは知識がないと言えませんし

聞く方も同じように教養がないと理解ができず笑えないのです。

 

一方で誰かをディスって笑いを取るのは非常に単純で分かりやすいものです。

コンプレックスをバカにするとか、気弱な人をおとしめるとか

そういう短絡的な笑いであればバカが群れる集団でも全員理解できます。

 

テレビのお笑いでもブサイク芸人や一発屋がかわいそうなイジられ方をされてネタにされますが

テレビ自体が頭の悪い大衆向けに作られているので

特にテレビの真似をしやすい子供はこういったことをクラスの子にやってしまいます。

学校内のいじめはある程度はテレビのお笑いが影響しているのではないかと思うぐらいです。

 

僕の見る限り、欧米圏のコメディ番組や中国のバラエティ番組はこんな品のないイジりで笑いを取りません。

日本のお笑いは誰かをディスって笑い者にするのが多くて品がないです。

あれはテレビという商売の世界であり、現実で僕らが真似するものではありません。

頭の悪い人はテレビを鵜呑みにしがちですからね。

 

2つ目の、偉そうにしたいという理由についてですが

頭の悪い人ほど偉そうにしたがる傾向があります。

その理由については以下の過去記事で述べています。

あわせて読みたい

頭の悪い男ほど偉そうにしたがる説【観察して分かった傾向と特徴】

 

総じて頭の悪い人は偉そうにするのが好きで、

集団の中の誰かをイジることで自分の権威性を出したいという欲求があるのでしょう。

面白くもないイジりとか面倒なイジりで絡んでくる人いません?

逆にこちらがイジり返したら不機嫌になったりキレ出すという全く対等でない関係。

この時点でこちらを都合よく利用して偉そうにしたいという態度が見え見えです

(対等なコミュニケーションが取れない人って多いですよね)。

 

僕がサークルにいた頃に2つ年上で同学年の人間がいたのですが、

そういうことをしてきたので今思えば小さな人間でした笑

イジり返したら「お前はプライドが高い」とキレられましたが、どっちがだよww

と言いたいですね笑

 

頭の悪い人の特徴としては自分が年上なだけで無条件に年下に先輩ヅラするので

年齢だけで簡単にマウントが取れるわけなんですね

(年齢ぐらいでしかマウントを取れないんでしょう)。

 

ちなみに僕が少し前までいた会社の頭の悪い人も

2つ年上なだけで面白くもないイジりを何度かしてきましたね。

飲み会後にその人から「家も近いから土日にでも会いたいね」と言われたので

僕は「休みの日を潰してでも(あなたと)会いたいとは思わないですねw」

とさらっと返しておきました笑

この人に関しては以下の記事で取り上げている人と同じ人物です。

あわせて読みたい

頭が悪いくせに上からモノを言う人を近寄らせない方法【職場のバカ対策】

 

軽くまとめますが頭の悪い人が不快なイジりで笑いを取る傾向にある理由は以下の通り。

  1. 頭の良い人と違ってユーモアや皮肉がうまく言えないから
  2. 偉そうにしたいか、偉い自分という権威性を出して優越感に浸りたいから

 

自虐はいいけど他人をディスって笑い者にするのは品がない

ディスって笑いを取るにしても他人を利用するのは良くないですね。

他人をディスるのではなく自分をディスりましょう。

ハゲやブサイクを自虐する人って人間的に魅力を感じませんか?

誰も不快になりませんよね。むしろクスッと笑わせてくれます。

 

とはいえ自虐はできる人とできない人がいるので

自虐ができない人に無理に勧めることはしません。

人それぞれ気質が違いますから。

本気でコンプレックスに感じるなら育毛したり整形すればいいだけです。

僕だってコンプレックスをたくさん治してきました(声を低くする手術をしたり)。

 

関わる人の民度を見ないと自分の民度も下がる

頭の悪い人の笑いの取り方についてあれこれ言いましたが、

こういう悪質な笑いの取り方が当たり前の集団にいると自分も同じレベルになります。

民度の高い集団にいるとこういう笑いの取り方はしません。

少なくとも不快なイジりはないですね。

 

「類友」という言葉がありますが、関わる人間は選ばないと自分のレベルも下がります。

これまでに見てきたように知性だけでなく人間性や品格まで卑しいのが頭の悪い人なので

自分の人生を大事にするためにも頭の悪い人と極力関わらない方が得策と言えます。

 

ただし自分の質を高めないといつまでも頭の悪い人の集団から抜け出せません。

抜け出すための努力をしていきましょう。

マッチョ社長で有名なTestosteroneさんも次のように言ってくれてます。

 

まとめ

  • 笑いのレベルが民度によって異なる
  • 頭の悪い人がイジりで笑いを取りたがる理由
  • 自虐はいいけど他人をディスって笑い者にするのは品がない
  • 関わる人の民度を見ないと自分の民度も下がる

今回は頭の悪い男ほど人をディスるイジりで笑いを取りたがる説について話しました。

 

頭の悪い人は人をディスるイジりで笑いを取り、

頭の良い人はユーモアや皮肉(ブラックジョークとかも)で笑いを取る傾向にあります。

 

頭の悪い人はユーモアや皮肉を言うほどの語彙力や知識力がないので短絡的な笑いの取り方をし、

しかも偉そうな自分の権威性を示すために弱そうな人をイジります。

 

ただ、それは品がないので他人をディスって笑い者にするのではなく自虐をしましょう。

民度の低い人が集まる環境から抜けないと自分の人間性や品格のレベルも落ちます。

 

最後に、本記事では深掘りしなかった、頭の良い人のユーモアや皮肉についてですが

正しいディスり方が分かると身についてきます。

あわせて読みたい

正しくディスる方法【頭が良い悪口と批判は必要】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です