【脱コミュ障】本当の聞き上手になる方法【恋愛も仕事もうまくいく】

Pocket

この記事は以下の悩みを持つ人にオススメです。

  • 聞き上手になれと言われるがどうすればいいのか分からない
  • 営業でもっと聞き上手になってお客さんから契約をいただきたい
  • 彼女を作りたいからモテる男になるために聞き上手になりたい
  • 自分は聞き上手のつもりだが本当に聞き上手なのか知りたい
  • そもそも聞き上手って何

こういった人たちの悩みを解決していきます。

 

彼女が欲しい人や営業で結果を出したい人がネットで調べるといつも出てくるのが

 

「聞き上手になろう」

 

ですよね。

耳にタコができるくらいのド定番のお話です。

 

しかしこの聞き上手が本当の意味でできている人も僕の見る限りでは少ないです。

ここまで定番のテーマなのに実際にできている人が少ないと言うのもなかなか不思議ですよね(。-∀-)

 

こう僕が強く言えるのもかつて営業マンをやっていたからです。

土日や夏休みもお正月も関係なく一日に2~3人は毎日初対面の人と会っていて

カフェで毎日営業したり逆に営業されたり

交流会やパーティでもしょっちゅう人と会っていました。

 

もともとは人と話すのが苦手な僕ですが

このようにいろんな人と話せば嫌でも感覚的にコミュニケーションについて分かってきます。

 

「この人はコミュ障なんだろうな・・・」

「この人は聞き上手を勘違いしてるな・・・」

「この人は最初からまともにコミュニケーション取る気ないんだな・・・」

 

という感じです。

 

ネットや本で付け焼き刃に身につけた知識ではなく

僕自身の経験ベースで本当の「聞き上手」について話していきます。

 

本記事の結論

相手を気遣え

 

これだけです。

悩める人
いやいや、そんなの普通にやってるよ。ナメてんのか

 

ちょっと待ってください!

そう言いたい気持ちももちろん分かりますから( ^ω^ )

 

とりあえず最後までお付き合いくださいませ。

 

相手を気遣え

気遣いできている人は意外と少ない

実際に気遣いできている人って本当にいないです。

できているつもりでも

  • 自分の話に夢中な人
  • とりあえず何か面白いことを言ってやろうと考えていて相手の話を聞いてない人
  • 相手の好きな話題をスルーする人

そういう人に心当たりはありませんか?

もしかしたら自分も無意識に当てはまっているかもしれませんよ笑

 

例えば

自分の話に夢中な人はいつも会話に「俺は・・・俺は・・・俺は」

と、やけに一人称を連呼します。

 

これは文章にすると「そんな子供みたいなやつがいるのか?^^;」

と思うかもしれませんが

本人も自覚してないみたいで普通に言っています。

僕がかつて所属していた会社の役員に実際いました

 

これで自慢話をしたり人の話は上の空状態だともうですね笑

承認欲求が強くて痛いタイプです。

 

体は大人、頭脳は子ども(コナンの逆バージョン)

は普通にいるのです。

厳密に言うと「頭脳」よりも「精神」と言った方が的を射ているかもしれません。

 

この時点で会話の主人公は相手ではなく自分になっているのです。

態度からして上下関係を強要していてジコチュウの塊なのです。

 

気遣いができている人は自然と聞き上手になっている

先ほどの例とは逆に気遣いができている人は

相手を主人公にしているのです。

 

相手を気持ちよく話させ、

リズムを乱さないように調子を合わせているので

相手も話がしやすいのです。

 

みなさんは気遣いはされると気持ちよくなりませんか?

 

カフェや百貨店でトイレを探そうとキョロキョロしていたら店員さんに声をかけられてトイレの場所を教えてくれたり

つらいときに友達から励ましの言葉が送られたら嬉しくないですか?

 

ここに小手先のノウハウは存在しません。

 

よく心理学的なノウハウにある

  • 相手と共通点を多く見つける
  • 共通の敵を作る
  • さりげなく相手と動作を真似する(ミラーリング)
  • 相手と話し方や話すスピードを合わせる(ペーシング)

といった類のテクニックは気遣いという根本の部分がかけたまま

作業的にやっていても意味がないのです。

それで一時的に仲良くなっても薄っぺらいので長続きはしません

 

逆に気遣いさえできていれば

無意識に自然とこういった動作ができてきます。

 

物事を難しく考える人は

小手先のテクニックばかり考えている傾向があるので

根本のあり方を見直すとシンプルにできるようになります。

 

バラエティ番組の名司会者を見ていると勉強になります。

有吉さんもさんまさんも

くりぃむしちゅーの上田さんも

雨上がりの宮迫さんも

 

みんな自分語りをあまりしないでゲストを主役に話をさせていますよね。

ゲストの中で目立ってない芸能人を間外れにさせないように

時々その芸能人を巻き込もうと話を振ったりする

 

そういった全体を見るバランス感覚が非常に優れています。

これはテクニックというよりも全体への気配りであり、気遣いなのです。

 

彼らに学んで僕もうまくいったことがあります。

交流会やパーティで複数人で円になって話しているときに

僕ばかり話の中心人物になる時があります。

その時は会話に参加できていない人やあまり話すのが得意でない人に話を振っています。

 

例えば

「とよでぃさんって○○ができそう」

と言われたら

 

「いえいえ、Aさんの方が△△ですし、見た目的にできそうじゃないですか?笑」

と言って、あまり目立たないAさんを会話の主人公に立たせます

 

そうするとみんなが

「確かに〜!Aさんは●●だよね!」

と話に乗ってくれるので

 

自分の謙虚さをアピールしつつ

Aさんもあとで「楽しかった」と満足してくれるかもしれません。

 

これが僕の実体験ですが、

バラエティを見るときも司会者に視点を変えて見てみるとなかなか新鮮で面白いですし

役立ちますよ^ ^

 

バラエティの話と例え話しで長くなりましたが、

気遣いをするだけで聞き上手になれると覚えてもらえればOKです!

よくある間違った聞き上手とは

聞き上手についてはもう話したいことは8割くらい話しましたが、

ここからはいくつか留意点をおさえていきます。

 

僕もたまに会いますが

「この人、聞き上手を勘違いしてるんじゃないのかな」

という人です。

 

どういう人のことを指すかというとシンプルに言えば

「気遣いをしてない人」

です。

 

自分が話さず聞き手に回っていれば聞き上手になれると勘違いしているのか

ずっと黙っている人がいます。

 

相手が話しやすいように気遣いをするのが聞き上手なのに

ずっと黙っていて(しかも表情リアクション相づちが薄い

相手は果たして話しやすいでしょうか?

 

自分が相手の立場だったらどう思いますか?

 

に向かって話しているのと何が違うんだろう・・・」

状態です笑

 

聞き手になろうと意識するとこういう間違った聞き上手さんになってしまうので

「聞き手になろう」ではなく「気遣い」を意識しましょう。

 

例外パターン

どうしても会話が続かない人がいる

ここも留意点としておさえてほしいところですが

 

どんなに自分が会話を盛り上げようと相手に話を振っても全く盛り上がらず

会話していて楽しくない人がいます。

 

例えば

  • 常に表情がない人
  • 話を聞いているのかいないのか、つまらなくて帰りたいのか何を考えているか分からないような人
  • こちらからの問いかけに常に「Yes」か「No」かしか返答しない人
  • 「そうなんですね」しか返さない人(会話が膨らまないし続かない)

 

結論から言うとこういう人達は気遣いゼロ

始めからまともに話す気がないような人達がほとんどなので

相手にしなくていいです。

(そもそもそういう人が交流会やパーティに来る理由と神経が理解できませんが^^;)

 

書店に行くとよく見かけるような

「誰とでも会話が続くようになる」系の本はタイトルからしておかしいです汗

話す意思がない相手に対しても無理に会話を盛り上げること

を強要しているのです。

 

いくらあなたが素晴らしい気遣いの持ち主でも

相手に問題があれば楽しい会話にならないのです。

 

一方だけが強いられるような関係は健全な関係ではありません。

双方共に楽しもうという気がなければ片方がいくら努力したところで楽しくなりません。

 

誰とでも仲良くなれる人になるなんて不可能です。

どんなコミュ力の持ち主であろうと全員と楽しく話すことはできません。

 

会話はキャッチボールと言われます。

キャッチボールで投手がどんなに優秀な野球選手であろうと

キャッチャーに受け取る意思がなければキャッチボールは成立しません

 

なので「あの人とうまく話せなかった・・・」と肩を落とさないでください。

僕は完璧主義だったので人と関わるたびに何度もこうやって悩みすぎて疲れました。

 

あらゆる角度で分析して自分に問題がなければ明らかに相手に問題があります。

相手に問題があるのであれば気にしないこと。

しっかりと悩むべきこととそうでないことを仕分けしましょう。

結論

  • 相手を気遣いする心があれば自然と本物の聞き上手になれる
  • 小手先のテクニックで聞き上手になろうとするとうまくいかない
  • どうしても相手に問題があるなら割り切ってしまう(悩まない!)

いかがでしたか?

聞き上手どころかジコチュウな人もいれば

上っ面だけの聞き上手な人もいます。

 

本当(本物)の聞き上手はなかなかいないのです。

 

自分のことをコミュ障と思って悩む人に言いたいのですが

コミュ障じゃない人=面白い話をする人

ではなく、一緒に話してて楽しい人なのです。

 

そしてその楽しいの中には聞き上手が含まれます

面白いことが言えないと悩む人は聞き上手になるだけでうまくいきます。

 

むしろ面白い話をする人はジコチュウな話し方をしている人も結構います

相手は面白いとは本心では思っていないのに本人は面白いと思っている勘違いさんもいますので

一番いいのは聞き上手ですね٩( ‘ω’ )و

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です